歯科開業のことならコンサルティングジャストワンに相談


歯科開業の相談ならプロであるコンサルティングジャストワンがよいです。
これから開業をするときに、どの時期に開業するのが望ましいかは医師にとって大変気になるところです。
例えば耳鼻咽喉科だと花粉のシーズンが始めってから開業をしても、患者は他の医院に通院していたりします。
そのため患者数が最も多いスギ花粉の時期である2月中旬よりも2ヶ月前の11月に開業するのが理想です。

内科だとインフルエンザの予防接種や風邪が流行りはじめてから来院数がたくさん見込める11月の2ヶ月前の9月に開業をするのがよいと言われています。

歯科医院だと患者数のたくさん見込める時期というのははっきりとはわかりません。
ただ4月に学校や会社の身体測定で歯の治療が必用となった人を見込んで、2月から3月の歯科開業がおすすめです。

このとおりに開業したとしても患者の来院数が増えたり、新規の患者が来院する絶対的な要因としては弱いですが、逆に歯科医院を開業するときには最も適してない時期というのはあります。

一年の中で最も暑くて少し調子が悪いぐらいだと、患者が中々外出しようとはしない8月です。
8月だと盆休みもあるので患者が集まりにくく、スタッフにも休みを与える必要があります。

仮に盆も休まず診療しようとしてもスタッフ全員が同じ気持ちだとは限りません。
働き始めて早々に嫌気を感じてしまい、大事なスタッフが止めてしまうことも少なくないです。

歯科開業に適した時期ははっきりしませんが、患者が少なくなって休みがある8月だけは避けて自分の希望する時期で開業をするのが望ましいです。