斎場 東京での葬儀の手順 お寺様に連絡


葬儀を行うことになった場合には、お寺への連絡が必要になります。
決まったお寺がない場合には葬儀社の斎場 東京が対応してくれますが、先祖代々が眠っている墓が置かれている菩提寺があればそこへ連絡をします。
連絡をした際、いきなり葬儀のことを相談するのではなく、まずは枕経の依頼をしましょう。
「枕経」とは、安らかにあの世に旅立てるように故人の枕元で読経をすることで、葬儀を行う前の大切な儀式です。
故人の名前、死亡時間、享年、生年月日、連絡者を伝えて、枕経をする日程を決めます。
枕経に備えて数珠を用意しておきます。

服装は地味な平服で構いません。
その当日に、通夜、葬儀、初七日といった法要の日程を決めるなどの打ち合わせをしていきます。
この際に注意すべき点は、必ず最初にお寺の都合を聞いてから決めていくということです。
こちらの都合だけを一方的に伝えるのは失礼に当たります。
日程が決まったら、会食に出席されるかということ、火葬場に来てもらえるかということを確認しておきましょう。
戒名の希望があればこの場で伝えておきましょう。
葬儀社に対応をお願いした場合のお寺は、菩提寺と同じ宗派を選ぶのが一般的になりますが、この際に、お寺があるのかということや、お寺から来てもらえる住職なのかということを確認しておきましょう。